HOME > Chokouki
丸尾 直弘 / 香川県・港湾 (釣行日:2013.11.30)
【瀬戸内オカッパリアジング、激スレでもまだ釣りたい人にお勧め!
ジャバスティックの必殺ワザ「高松流し」!】


今回レポートさせていただくのはKNOTSELFISHキャプこと三好幸雄です。
宜しくです!


もうそろそろ、シーズン終盤のアジング。
個体数が減ってきてて、しかもスレまくりのアジには通常の巻く、シャクる、のアプローチではもう釣れません。。。
そんな時期は僕のジャバスティックの最近の使用法「高松流し」で釣果を伸ばします!
(KNOTSELFISH 山本“ケリー”さん考案、ネーミング丸尾)
まず、
・ジャバスティックを深さに応じた重さのジグヘッドにセット
・立ち位置からキャストし流れの中で、ターゲットレンジを決めます。
・狙う層の上下の幅は1m以内。
そこまではジグヘッドの重さがちゃんと狙った層の中にいる事を
キャストを繰り返して確認して下さい。
次に
・アクションをつけて食わせるという概念を捨てる
・風や水の流れの方向に注意し、なるべくラインを張らず緩めずの状態を保つようにコントロール(張った状態ではバイトが激減します)
・ジグヘッドの向きを流れに対して頭が先頭に来るようにする。


その状態をなるべく同じ層でキープする為のアクションをロッド操作でつけます!
ジグヘッドは沈むので、同じ層に戻してあげるだけです。
一言で言うと、ターゲットレンジ内で「漂わせる」のです。
そうすると
「ヌー」とか「ツ」とか「ガサゴソ…」といったアタリか何なのかよくわからない未体験の感覚が手元に来ます。
それを即アワセ!!感じる違和感は全て魚がジャバスティックを触った証拠。
これがタフコンディションでの「高松流し」!!
超シャローでもディープでも流れの変化の多い瀬戸内高松発の必殺ワザです!


ジャバスティックは、勝手に尻尾を振って誘う事、水咬みが良い事がこの釣り方にベストマッチします。
是非、あなたのホームでもお試し下さい!

使用ジグヘッドは0.5g~2g
ジャバスティックは1inch,2inch.
使用ラインは0.3号